俳優

的場浩司の嫁とのエピソード!嫁が外人との噂は娘の名前が原因?

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」がデビューのきっかけだった的場浩司さん。

不良集団から草野球チームを結成する企画に参加。チーム名は「爆苦連亡世」(ばっくれんなよ)!?同番組はX JAPANや岡田准一などが出演していたことでも有名です。
出典:https://twitter.com

名前:的場浩司
出身地:埼玉県上尾市
生年月日:1969年3月28日
星座:おひつじ座
身長:177cm
体重:非公表
デビュー:1987年
所属事務所:バダスプロモーション
スポンサーリンク

嫁との馴れ初め

出典:https://ameblo.jp

的場浩司さんは1997年、当時28歳のときに結婚しました。俳優として人気があったにもかかわらず、お相手は意外にも一般OLのかたでした。

奥さんは的場さんの元カノの友達で、さらには義理の弟と同じ勤務先に勤めていたようです。

出会った当初、奥さんには彼氏がいましたが、うまくいっていなかったのか的場さんに相談しているうちに、お互い惹かれあって交際へと発展していったそうです。

もしかしたら、元カノと的場さんが付き合っていた当時、奥さんもその友達から恋愛相談を受けていたのかもしれないですね。友達から的場さんのことを聞いていて、ある程度どんな人か知っていたから、お互いに距離が縮まるのも早かったのでしょう。

ヤンキー時代にも逆ナンされるほどモテていた的場さんですが、プロポーズの言葉は

『明日仕事を辞めてオレのところに来てくれ』だったそうです。

 

それに対して当時会社勤めをしていた奥さんは

『みんなに迷惑がかかるから明日辞めるのは無理』

と言いつつも快く承諾したんだそうです。

的場さんの天然プロポーズに対して、奥さんの冷静な返答。まさに理想の夫婦の形といえるでしょう。あんな強面なのに天然なんて、ギャップにやられちゃいますよね。

スポンサーリンク

嫁は理想の女性

出典:https://ameblo.jp

的場さんの結婚前に考えていた嫁の条件

  • 俺を怒らせる事なくコントロール出来る女
  • 俺が悟空で三蔵法師みたいな女
  • ゴキブリと戦える女

ゴキブリと戦える女というのは少しハードルが高い気がしますが、簡単にいうと奥さんに上手く転がして欲しいということでしょうね。果たして結婚した奥さんは理想の女性だったのでしょうか。

的場さんは結婚当初から奥さんには迷惑をかけっぱなしだったそうです。

  • 新婚旅行から帰った次の日、奥さんを残して2週間くらいパラオに行ったり
  • 夜中に突然友達が山のようにきたり
  • 子供が生まれてからもしばらくは毎日家に仲間がいたり
  • 怪我をして入院をしたり

そんなハチャメチャな毎日でも奥さんの嫌そうな顔を見たことがないと、的場さんはおっしゃっています。

撮影前や舞台前で的場さんがピリピリしていても上手くふれないようにしてくれたり、スイーツ大好きな的場さんの為に冷蔵庫には、プリン、ヨーグルト、アイスは常に入っている状態。

まさに三蔵法師のように的場さんを上手くコントロールしている様子がうかがえます。

出典:https://ameblo.jp

しかしある時、やりたい放題の的場さんは奥さんからこう言われました。

『パパは私と離婚したら次は誰も結婚してくれないと思うよ。』

その言葉にドキッとしたのか的場さん

『バカ、そんなことないよ!俺はモテモテ君だからな!外に出た瞬間から「好きー!好きー!チューして!」って毎日、言われるわ!』

と訳の分からない返し。そんな慌てた様子を見透かすように奥さんは

『それはそれは…夢のような世界!モテモテ君でよろしいですね!』

と笑って流します。

的場さんも奥さんにはすごく迷惑をかけていて、後ろめたい気持ちがあったのでしょう。

最近では自覚して奥さんには感謝してもしきれない様子です。的場さんにとって奥さんは理想の女性に違いありません。

また嫁に恋してる

出典:https://ameblo.jp

的場さんは以前に自身のブログにて、奥さんと久しぶりに二人きりでドライブにでかけたことを報告しました。

的場はブログで「一昨日、妻とドライブに行ってきました」「久しぶりに二人きりでのロング・ドライブ」と長野県・軽井沢に向かったことを報告。
 
的場は車内での妻とのやりとりなどを紹介しながら「妻の横顔をチラッと眺める…出会ってから20年ちょい…長い年月を共に過ごし… 互いに見た目は変化したけど… 思いは変わらんなぁ…」と妻への愛情をつづった。
 
現地では買い物を楽しんだといい、妻が「どっちがいいと思う?」と色違いのワンピースを選んでいたため、的場は「どっちもいいと思う」「じゃあ、両方下さい」と2着ともプレゼントしたことを説明。
 
妻は「ちょっと、1枚でいいよ」と的場に伝えたというが、「いいの。セールだし。滅多に二人でドライブなんて出来ないんだし」と答えたといい、「日頃、子供達の世話をしてくれて… 俺の世話をしてくれる…迷惑ばっかりかけてるから… ささやかな御礼…」と真意をつづった。
 
さらに2人は連れ立ってショッピングをしたといい、「子供達の物を買い… 日が暮れるまで軽井沢デート… 楽しい時間でした…」とコメント。
 
「帰り道の車内で弾む会話…内容は9割、子供達の話…」「結婚する前…結婚した後…出産後…会話の内容は変わっていく…容姿も変わっていく…でも…いつまでも隣にいてもらいたい…まさに…「また君に恋してる」ですな… なんてね…」とつづった。

結婚して20年。3人に1人が離婚しているといわれている時代。いまだに奥さんに恋心を抱いている的場さん素敵すぎます。

嫁が外人との噂は娘の名前が原因

出典:image.space.rakuten.co.jp

的場さんにはお子さんが2人います。

  • 女の子の名前は『宝冠(ティアラ)』
  • 男の子の名前が『我流(がりゅう)』

あらかじめ、娘が生まれたときは奥さんが、息子が生まれたときは的場さんが名づけることが2人の間で決められていました。

『宝冠(ティアラ)』という名前は奥さんが、『我流(がりゅう)』という名前は的場さんがつけたそうです。しかし的場さんは最初『宝冠(ティアラ)』という名前に抵抗があったようです。

それもそのはず、息子さんの我流(がりゅう)という読み方はわかりますが、娘さんの宝冠(ティアラ)はそのまま読めませんから抵抗があるのもうなづけます。

そして、この娘さんの名前が1つの誤解を生むこととなるのです。

奥さんは外人ではないのか?

確かに名前もそうですが、宝冠(ティアラ)ちゃんの幼い頃の写真を見てもわかるとおり、目鼻立ちがハッキリしていることから、このような誤解が生まれたと考えられます。

まとめ

  • 嫁は元カノの友達で一般OL

  • 嫁は旦那をたててくれる理想の女性

  • 的場さんは結婚して20年たっても嫁に恋をしている

  • 嫁は外人ではない

こちらも⇒的場浩司は娘ティアラを溺愛しすぎて暴走?二十歳になった娘への思い

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました